ロゴ
HOME>Utility>歯並びの悪さは矯正歯科で治せる【治療を受ける前に知っておこう】

歯並びの悪さは矯正歯科で治せる【治療を受ける前に知っておこう】

歯型を持つ女性

歯並びが悪いことで起こる影響とは

歯並びが悪いと身体に様々な影響を与えます。まず、歯磨きをキレイに行う事が出来なくなりますので、虫歯や歯周病などのリスクが高まります。そして、食べ物を上手に噛むことが出来なくなり、消化器官へ大きな負担を掛ける可能性が高くなります。脳の血流が悪くなることで、知能や運動機能の発達に影響が出る可能性もありますので、歯並びが悪い人は矯正歯科で治療を行うようにしましょう。

矯正

矯正治療の種類

東京の矯正治療はワイヤーやブラケットを使った矯正をはじめ、ワイヤーを使わないワイヤレス矯正、そして歯の裏側に付ける舌側矯正などの様々な種類があります。歯の矯正治療と聞くと、一般的には歯の表側に、金属製のブラケットなどを付けた治療を想像する人が殆どでしょう。矯正治療は相談に応じて様々な種類がありますので、まずは相談をしましょう。

矯正歯科で行なう治療手順

矯正

初診相談と検査

矯正歯科で治療を考えている人は、まずは初診相談で口腔内検査やレントゲン検査を行います。どういった治療法で期間はどれくらいなのか、治療に掛かる費用はどれくらいなのかという説明をしたうえで、更に検査を行います。

装置を装着して調節していく

矯正治療は約90分程度の時間を掛けて、治療に必要な装置を歯に付けます。そして毎回通院を行い装置の調節を行い、ステップに応じて歯の動きを確認していきます。不安な事はどんどんと医師に確認しましょう。

装置を撤去しメンテナンスをする

上下の歯がしっかりとかみ合うように仕上がりましたら、歯を動かすために装置を外して、歯を仕上るための保定装置を着けます。そして半年に1度、歯のクリーニングや歯並び・かみ合わせの状態を確認するためメンテナンスを行います。